自分の配偶者を調査してもらったところ

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が見つかったならば、結婚生活を続けていいのかどうか迷って決められないですよね。ひとまず冷静になって、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、離婚してしまうのも一つの案です。
探偵による浮気調査の結果、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。相手が信頼できなくなってしまったら一生共に生活することはかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の支払いが課せられれば別れさせることも難しくはありません。
浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても離婚をしないという選択肢もあります。ご夫婦に子供がいる場合ですと特に浮気をした、されたといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。男手一つで育てる場合にもまた同様で簡単に仕事と両立することはできないでしょう。
浮気の根拠を手にするには、最も確実な方法は探偵に浮気調査を頼むことです。そうはいっても、探偵に調査をお願いするのは費用が高くつきますから、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。探偵への浮気調査の依頼は、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所それぞれで調査料は変わってきますから、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。
探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」です。実費としては調査の際にかかった交通費とか写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるでしょう。時間給は、人数×時間で費用を算出します。浮気調査を行う期間が短ければ費用も安くすむわけです。
生涯の伴侶の不適切な恋の調査を調査員に行ってもらう場合、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を契約を交わす前に取り決めます。1時間で1万円以上もの費用がかかるので、調査にかかる時間が長いほど調査料金が高くなります。調べる人の事務所により、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。
探偵は依頼するのにお金がいりますから、自分ですればいいと考える奥さんもいます。簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、現実とフィクションは違うもので、変に思われず相手を見張り続けるというのは並大抵のことではないのです。相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。
本人に気づかれないようにして、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。せっかく撮った浮気現場の写真も、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠として扱われません。浮気の調査を探偵に任せると、薄型のカメラなども用いて相手が気づかないうちに客観的な証拠を撮影してくれます。
夫が浮気しているところを奥様がつかまえておぞましい戦場になるシーンは、ドラマのシナリオでもお馴染です。ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、傷害・殺人まで起きるというシナリオもよくありますね。配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのも1つの方法でしょう。離婚になってもいいと思う場合は、実行する余地はあるかもしれません。

探偵 比較 浮気調査

離婚を覚悟の上で、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。しかし1人で踏み込むという方法を取ると、喧嘩になりやすいので、できるだけ避けましょう。あなたが信じて頼れる人と行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。信じて頼れるような人がいないなら、探偵等に頼むことをお勧めします。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ