産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護

産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師のことを指します。
看護師と聞けば病院やクリニックをイメージする人が多いですが、医務室などを設置している企業もあって、そういう場所に勤務している人もいます。仕事の中身、役割といったことは勤務する会社によって色々ですが、社員達の健康を維持し、管理することは基本的な仕事と考えてください。
看護師の当直が16時間などにおよぶ長い拘束時間となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。
国の指針により月に8回までと定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。
仕事をしている病院の勤務形態では、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、体調を崩しやすいのも、離職する看護師が多い理由の一部かもしれません。看護師の資格を得るためには、何通りかの方法があるのです。看護師免許を手にするためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。
試験を受けるためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護について学習するという条件があります。
看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較するとかなり特殊であり、その上に職場によっても違います。
仕事場においては一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているというケースが多いでしょう。
2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制を望む看護師も多いです。世の中の高齢化が進んで、福祉施設でも看護師の必要性は広がってきているのです。
さらに、大きな会社になると看護師が医務室などにもいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを手がけています。このような事例の場合は、その会社組織の社員として入社をすることもあることでしょう。看護士を目指す理由は実際、どんなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。転職の時の理由はこれまでに経験したことを活かしたいより人の役に立つ技術を学びたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。前の勤務先に関するネガティブなことは口にしないことが大事です。看護士の求人はいくらでもありますが、希望に沿う条件での求人が存在するとは限りません。看護師の資格を持つ人で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤がない病院などに勤務したいと大抵の方が思っているでしょう。
求める条件に合う転職先で働くためには、情報収集が重要になるのです。
看護師が転職をするには、将来のことを考慮して早めに行動することが重要です。さらに、何を重点的に考えるのかを決めておく方がいいでしょう。将来どうなりたいかをきっちりと考え、そのビジョンに沿った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も考慮しておきましよう。
産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健について指導したり、うつ病防止のためのメンタルケアもします。
産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワーク等で見つけるのは無理かもしれません。興味を持った人は看護師専用の転職サイトがありますので、それをご利用ください。看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども掲載されることが多いです。看護師の勤め先といえば、病院という考えが一般の考えでしょう。
でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院だけでなく色々とあります。
保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の職務です。
また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ