ワシはワキ脱毛の王様になるんや!

ミュゼプラチナムでは売れ筋ランキングトップクラスの脱毛プランは「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」です。契約の有効期限も施術を受けられる回数にも縛りはなくもちろん追加料金も全然必要ないそうです。その上料金はたったの100円で、「両ワキ」1部位だけだと3
600円もします。割引のあるweb予約をしても2
600円と金額の差は比較の対象にすらなりません。どこのサイトを見ても両脇脱毛ならミュゼプラチナムを推薦していますが、対抗できる脱毛サロンはないのかということにも興味が湧いてきます。ミュゼプラチナムを除いてワキ脱毛がおすすめなのは、エステのTBCが運営するエピレがあるという発見をしました。一方のエピレのファーストプランでも、「両ワキ」と「両ワキ+Vライン」の2つのプランが用意されていますが、両方同じ金額に設定されています。こんな事実を目の当たりにしてしまうと、「両ワキ」のみにこだわるのが下らなかったとさえ思えてきます。でも初めて脱毛する私はこういう実態があることが分かってひとつ悩みが増えました。Vラインの脱毛に対して真面目にとんでもなく恥ずかしいです。でも事実としてVラインもワキと同じように自己処理をする必要があります。勝負下着やトレンドの水着から収まりきらない状況は放置すべきではないとも思います。そうは言っても今回はどうあってもワキ脱毛を最優先に考えての脱毛サロン選びです。グラつくモチベーションをしっかりと支えながら下調べを進めていきます。ワキ脱毛のプランを知れば知るほど、全く想定もしていなかったことにぶつかりました。それは、「ワキ脱毛だけよりオトクなプランがある」ということです。それでは実際に、ミュゼプラチナムとエピレのどっちで「両ワキ+Vライン」の脱毛を施術してもらうのか。値段だけ見れば十中八九ミュゼプラチナムに即決したいと思いがちですが、もっと詳細な情報も調べたいと思いました。そんな時に参考にしたのが、エピレとミュゼプラチナムの違いを比較したこちらのサイトです。最初の方針とは若干違いますが、これも下調べを一生懸命にした結晶だと前向きに納得します。どうせ後からするんだったら、オトクなプランが利用できる今同時にやっておくべきだと判断するのはかえって常識的な判断です。この年になって初めてムダ毛処理をプロの方にお願いすることを決心した私は、一番始めは脇脱毛からとりかかってみようと判断しました。ワキ脱毛をメインにしている脱毛サロンを探していると、100%と言っていいほど出てくるところがありました。全国でもっとも多店舗展開していて、ユーザー数も業界ナンバーワンのミュゼプラチナムです。エピレとミュゼプラチナムを並べて見ていくと全体の店舗数も少なく、正直な感想では誰でも知っているような脱毛サロンと言うほど有名ではないかもしれません。でもエピレでは、私のような脱毛初心者へのハードルを低くした専用のお試しコース的なプランが展開されていて、とっても好印象です。エピレの初心者用のお試しコースはファーストプランという呼称で、1人あたり1回しか使うことができない特別なプランです。バラエティ豊かなラインナップで全5種類用意されていたと思いますが、それを見ていると脇以外のプランにも追求心が湧いてきそうなほど魅力的で、決心がブレてしまいそうです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ